初めての銀行カードローン利用は親の入院がきっかけ

初めての銀行カードローン利用は親の入院がきっかけ

初めての銀行カードローン利用は親の入院がきっかけ

私が「カードローン」というものを初めて利用することになったきっかけは、母親が入院したことでした。

 

ですが入院費の為ではなく、自分の今後の生活の為に持っていたほうがいいと思ってでした。

 

 

 

当時から家の事情で自由に働けるフリーター生活を送っていましたが、母が足の手術で1ヶ月間の入院をすることになった時、急に今後のことが不安になりました。

 

 

 

私はずっと、自分のことよりも親を優先しなければならないのか。

 

自分の時間を削っていかないといけないのか。

 

そんな不安が起こって、何かの時の使えるかもと銀行カードローンを申込みました。

 

 

 

借り入れなんて初めての経験だったので、今でもすごく緊張したことを覚えています。

 

でも担当の方が女性でとても話しやすかったので、スムーズに契約できてカードが手元に来ました。

 

今もちょっとお金が足りなくなった場合に使わせてもらってます。

 

 

 

私みたいな理由でカードローンを利用する方は珍しいかもしれませんが、最終手段が持っていると変な安心感があります。

 

それまでこのようなものには抵抗がありましたが、今ではとても有り難く感じています。