カードローンで罪悪感の日々

カードローンで罪悪感の日々

カードローンで罪悪感の日々

初めてカードを作ったのはもう20年も前のことだと記憶しています。

 

従兄弟の勤めている会社のカードを頼まれて作ったことがきっかけでした。

 

作った当初は何に使うのかもあまり理解しておらず、お財布にさえ入れていない常態でした。

 

それから数年後、当時付き合っていた人の車が廃車になり新しい車を購入しなければならなくてお金がないので用立ててくれないかと言われました。車そのものは中古でしたが諸費用込みで50万弱、私も蓄えがあるほうでは無かったので困っていたときにカードがあることを思い出しました。それが私のカードローンの始まりでした。毎月返すからという彼氏の言葉を信じて借りたのですが、結局一万しか返してもらえず後は自分で返しました。しかしやっと返し終わってほっとしていた矢先、今度は妹から貸してくれないかとお願いされ限度額の30万を借りて用立てました。毎月妹が返済してくれていますが、返したり借りたりの繰り返しで今現在に至っています。私の名前で借りていますのでもう何年も心のどこかがモヤモヤしています。ジャックスさんとライフさんに借りているのですが一日でも早く返し終わってスッキリしたいです。自分のために借りて使ったわけじゃないのに、何でしょうこの罪悪感。毎日ため息ばかりです。

 

一回きりの即日融資体験

大学を卒業して、一人暮らしをしながら働くことになりました。学生の時は、親からの仕送りとバイト代、奨学金で生活できていましたが、新卒時のお給料は安く、親からの仕送りもなくなり、さらには奨学金も返していかないといけないので、毎月カツカツの生活をしていました。それでもなんとか工夫をして生活をしていたのですが、出費が重なりどうしても足りない月があり、悩みに悩んで、初めて即日融資をしました。その時は、初めてなので本当に緊張して無人のコーナーに行きました。使用した感想は、思った以上に簡単にお金が借りられたという事、そして簡単だからこそ、これに頼らないようにしなければ、という気持ちになりました。すぐ返せるようにしっかりと計画を立ててから借りて、返済計画をしっかりとスケジュール帳に書き込み、その通りに返済することができました。実際に利用してみて、やはり怖さはあったので、今後は借りることのないよう、しっかりと計画的に生活していきたいです。